LINEで送る

第7回留学生による日本語カラオケ大会が行われました!

IMG_1732「第7回留学生による日本語カラオケ大会」が12月9日、第一国際寮で行われ、3カ国14人(中国・韓国・ミャンマー)の留学生が参加しました。

今回も審査基準は、「音程(音程が外れていないか)」「日本語の発音(正しい発音が行えているか、聞きやすかったか)」「歌唱力(歌の魅力をよく伝えられたか)」「パフォーマンス(観客を楽しませることができたか、表情や動きなどが良くできていたか)」の4項目。

最優秀歌唱賞の賞品であるディズニーランドのペアチケットの獲得を目指し、それぞれが思いを込めて歌う曲の数々が会場に響き渡りました。

IMG_1696今回異彩を放ったのが、エントリーNo.3のSong Jingyu(ソン・ジンギュ/韓国/交換留学生)さん。エントリーNo.7陳加(チェン・カー/リベラルアーツ学群3年/中国)さんの歌唱中に乱入し、持参したペンライトを持って踊りを披露。会場をその日一番の笑い声に包み込みました。

IMG_1827最優秀歌唱賞を獲得したのは、「紅い花」(ちあきなおみ)を歌った孫祥云さん(ソン・ショウウン/中国/リベラルアーツ学群3年)。孫さんは前大会では優秀賞を獲得しており、今回の最優秀歌唱賞と合わせて2年連続の受賞となりました。

以下、各賞受賞者リスト。

 

最優秀歌唱賞・最多得票賞 孫 祥云(ソン ショウウン/リベラルアーツ学群

4年/中国)

優秀賞 Park Jeongwoo(パク ジョンウ/芸術文化学群4年/韓国) 張 豹榛(チョウ ヒョウシン/リベラルアーツ学群1年/中国)

審査員特別賞 李 舜禹(リ シュンウ/留学生別科/中国)

パフォーマンス賞 陳 加(チェン カー/リベラルアーツ学群3年/中国)

ベストドレッサー賞 Song Jingyu(ソン ジンギュ/交換留学/韓国)

IMG_1819審査員を務めた薄宏先生(グローバル・コミュニケーション学群教授)は、講評として日本語の発音に言及した後、「こういうときは恥ずかしがらずに思う存分のパフォーマンスを発揮することが大事です。来年も皆さんの素晴らしい歌声と曲を楽しみに、また大変期待しております」とコメント。

 

 

IMG_1916どの出場者も自分らしさを発揮してベストのパフォーマンスを見せてくれました。今大会の主役は出場者全員であったように感じられます。

想像以上に日本語が上手な留学生たちの、見る人を笑顔にするほど快活なパフォーマンスに今回も驚かされたカラオケ大会でした。

一覧へ戻る »