LINEで送る

無事故で夏を楽しもう!「交通事故防止啓発キャンペーン」

repc3repc2

 

7月18日(火)、桜美林大学の町田キャンパス及び周辺道路で、警視庁町田警察署と、神奈川県警相模原警察署が合同で「交通事故防止啓発キャンペーン」を行いました。

当日は両署から合わせて9人の警察官が来られ、オートバイと自転車事故防止のためのチラシと、事故防止用の反射板を、明々館1階ラウンジや生協前、学園周辺の交差点で配布し注意喚起をしました。

repc7 repc6

 

町田市と相模原市の境で自転車事故が多発しているため、交差点では走る自転車に対しても積極的に注意を呼びかけます。注意喚起を受けた学生に話を聞くと、「夏は気がゆるみやすいので、事故防止啓発キャンペーンがあることで気が引き締まった」と話してくれました。

repc4jpg警察官の方に聞いた、自転車での事故を防ぐためのアドバイスは、「交差点に入る際に一時停止を心掛けてほしい」というもの。これは一時停止の標識の有無に関わらずです。車の免許を持っている人でも、自転車に乗っている時は一時停止を無視してしまうことが多いそうなので、皆さんも気をつけましょう。

 

また、自転車でも交差点内では2段階右折をして(斜め横断をしない)、安全に渡ってほしいと話し、事故の多発する状況としては、交差点内での左折の際の巻き込み事故。同じく、交差点内での自転車と車の出会い頭の衝突が多いそう。

学生に注意してほしいのは、イヤフォンを付けたままでの自転車走行や並走、右側通行(逆走)だそうです。どれも何気なくやってしまいそうですが、大きな事故に繋がる危険性が高いので絶対にやめましょう。

 

repc1取材を終えて

 

これから長期夏季休暇に入り、開放的な気分になりやすいですが、自転車やオートバイなどに乗る際は改めて気を引き締め、安全で楽しい夏休みを送りましょう。

 

学生記者 志村紗夜

 

一覧へ戻る »