LINEで送る

山中湖インターナショナルキャンプ

DSC00008 10月25~26日に毎年恒例の山中湖インターナショナルキャンプを行い、今年は日本人学生71人と留学生81人、計152人が参加しました。今年のテーマは「想像を超える、出会いへ」。このテーマには、新しい友人との出会いや新しい価値観との出会い、新しい自分との出会いなどさまざまな意味が含まれています。

そんな今年のキャンプは1日目に「紅白山合戦」を行いました。赤組と白組に分かれて、ボールを3つ使うドッジボールやインド発祥のカバディというゲームや玉入れ、綱引きなどをするインターナショナルな運動会です。今年は紅白に分かれていたのでそれぞれの色の応援する声が絶え間なく聞こえ、白熱した運動会になりました。夜にはキャンプファイヤーを行い、ジェンカやマイムマイムを踊りました。

 

DSC08290 2日目は希望者ごとにカヌーや温泉、フォトウォーク、クラフト、スポーツ、焼きイモ会に分かれて、それぞれのアクティビティを楽しみました。1泊2日という短い時間でしたが、参加者からは「楽しかった」という声はもちろん「キャンプを通して仲良くなり、プライベートでも遊ぶようになった」という報告もあり、4カ月前から準備していたリーダーたちは「テーマ通りのキャンプになって良かった」と笑顔になりました。

国際交流に興味のある学生や新しい友人を作りたいという学生はぜひ来年参加してみてください。

学生記者:伊藤美由紀

 

一覧へ戻る »