LINEで送る

富山県で開かれたアイデアコンペで渡邉康洋ゼミチームが最優秀賞!

IMG_674812月2日、富山県立山町の活性化計画についてのアイデアコンペティション、「立山町インターカレッジコンペティション2017」が同町で開かれ、全国各地から8大学9組がエントリーする中、本学ビジネスマネジメント学群の渡邉康洋ゼミチームが最優秀賞に選ばれました。

 

 

 

本学のチームは「Produced by 女子大生 立山ブランド大変身!~お土産でまちなかから山村支援~」と題し、「立山ブランド」と呼ばれる町の特産品12種類をリニューアルする案で勝負し、最優秀賞を受賞しました。

IMG_6806立山町が2012年から主催するこのイベントで、本学からエントリーしたチームが最優秀賞を獲得したのは今回初めてです。この結果に、チームリーダーの齊藤真理菜さん(ビジネスマネジメント学群3年)は、「今まで先輩方が惜しくも受賞を逃してきていたのでとてもうれしいです」と話してくれました。

 

 

同じく副リーダーとして奮闘した棟近美南さん(ビジネスマネジメント学群3年)は、「プレゼンテーションに使ったパワーポイントを、内容でもビジュアルでも引きつけられるように作って、他大学との差をつけられるようにインパクトを重視しました」と準備に際しての工夫を話してくれました。

IMG_6739今回最優秀賞を獲得したアイデアは、実証・協議の後に具体化する可能性もあるということで、齊藤さんと棟近さんは今後も町の担当者とやり取りを継続する予定だということです。2人を始めチームの皆さんが地方活性化に向けて頑張る姿を、今後も注目していきたいと思います。

一覧へ戻る »