LINEで送る

今年も開催! 踊りの祭典「No Dance,No Life」

smart4 

 

7月5日(水)、大学の更賜体育館(旧体育館)で、毎年恒例のダンスイベント「No Dance,No Life」が今年も開催された。

ラインナップはおなじみの「沖縄エイサー部」「O.D.C(桜美林大学ダンス部)」「チアリーディング部」「ソングリーディング部」の4団体。

主催のO.A.C.U.(桜美林大学体育文化団連合会)他、会場準備には軽音楽部のサポートも加わった。

smart6smart5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップバッターは沖縄エイサー部。“ドンッ!”と場内に響く大太鼓(ウフデークー)と締太鼓(シメデークー)の重い響きと、三線の軽やかな音色が、場内を一瞬にして沖縄の色に染め上げる。

太鼓打ちの左右に配された踊り手が花を添えながら行われるパフォーマンスに、会場は温かい拍手に包まれた。

smart7smart8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2番手はO.D.C.。聞き慣れたポップミュージックが場の雰囲気をがらりと変え、「LOCK」「JAZZ」「POP」など、さまざまな種類のダンスが次々と観客に披露される。

複数のチームに分かれて数分間ずつ、めまぐるしく展開されるスピード感あるパフォーマンスは、会場に大きな声援を呼び込んだ。

 smart10smart9

 

 

 

 

 

 

 

 

3番手のチアリーディング部は、もはや定番となった観客参加型のパフォーマンスからスタート。

会場がこの日一番の笑い声に包まれた後、飛んで跳ねての本格的な演技へ移行。舞台上を縦横無尽に、バック転や宙返りを駆使しながら、スタンツ(複数人での組み技)も随所に披露し多くの歓声を集めた。

smart3  smart2

 

 

 

 

 

 

 

 

トリをつとめたのはソングリーディング部。CREAMの通称で、日本国内はもとより世界的にもトップクラスの実力を有する彼女たちの演技に、観客は圧倒された。特に、毎年のように世界大会で優秀な成績を残し続けるAチームのダンスには、大きな拍手と喝采が贈られた。 

 

以上、4団体が集い行われた祭典は今年も幕を閉じ、また一年後の開催日を待つ。

熱気で満たされた会場は、一足早い夏の盛りを感じさせてくれた。

一覧へ戻る »