feature_list_h2_img

LINEで送る
「手に職」で即内定!

株式会社
スタジオ・ユニ 内定

総合文化学群 造形デザイン専修
小松崎量介さん

[2015年2月27日掲載]
最初に門を叩いた株式会社スタジオ・ユニに持参したポートフォリオ(作品集)を気に入ってもらい、その日に内定を獲得したという小松崎さん。アニメの背景画制作を行うこの会社をはじめ、デザイン関係の会社は、就活サイトにはあまり載っていないのが通常。そこで、小松崎さんはアニメーターをしている親戚の方にいくつか会社を紹介してもらい、自ら会社にアポイントを取り、道を切り開きました。
小松崎さんは小さいころから「作る」ことが好きで、風景画を描いたりトランプを自分で作ったりしていたそうです。将来も芸術に関わっていきたいという思いで大学入学後は、デッサンの基礎から学び、後に小松崎さんの強みとなる写真やWeb、動画編集ソフトの使い方も、授業やゼミで複数身につけました。「運も良かったけれど、こういった技術をポートフォリオでアピールできたのが良かった!」と小松崎さんは言います。また、技術と同時に評価してもらったというコミュニケーション能力は、「口語表現の授業と接客のアルバイト経験が役立った」と振り返ります。
将来は「ディズニー、ジブリに追いつく新たなエンターテインメント勢力を作ること!」と野心を抱く小松崎さん。9月から内定先企業で週に3日、インターンシップを行い、ガラスや水の入ったコップ、鍋、ペットボトルなどを鉛筆ひとつで描くデッサンで、基礎力に磨きをかけています。

学生記者:内川真梨子

卒業制作でオリジナルアニメーション『Paracamp』を制作

「Webやアニメーションの作り方が学べる和田昌樹先生のゼミはお薦め!」と言う小松崎さんは、卒業制作でオリジナルアニメーション『Paracamp』を制作。声優以外の全工程を自分で手掛けています。
『Paracamp』は後にYoutubeで公開予定です。