feature_internship_h2_pc

LINEで送る
main_img01

将来を見つめ直すステップ

[2017年5月31日掲載]

サービス業界に興味があったという野津ありささん。学内選考を経て、夏休み期間中、ホテルメトロポリタンやホテルメッツなどを運営する「日本ホテル株式会社」のインターンシップに参加しました。ホテルメトロポリタン池袋にある日本料理「花むさし」で、通路まで料理を運んだり、ドリンクの補充をしたりするバック部門業務や、料理やお酒の提供をする接客業務に1カ月間携わりました。
 

インターンシップ中の野津さんの1日

>スケジュールの拡大版を表示

icon

石川

インターンシップを通して得たこと、気持ちの変化はありましたか?

icon

野津さん

最初から一つの業界だけに絞るのではなく、さまざまな業界に視野を広げてみようと思いました。インターンシップを通して、ホテルの雰囲気の他、夜勤のきつさなど、体験しなければわからないことも知ることができました。自分がこの業界を本気で目指せるかどうかを考える良い機会となりました。

pic
icon

石川

大変だったことや印象に残っていることはありますか?

icon

野津さん

お店のメニューやお酒の作り方を全て覚えるのには苦労しました。印象に残っていることは、働いているときにお客さまが「ありがとう」や「頑張っているね」と声をかけてくださったことです。ホテルのイベントでマグロの解体ショーを見ることができたのも、良い思い出です。ホテルのイベントならではの迫力あるショーで、とてもおもしろかったです。

pic
icon

石川

これからインターンシップをする学生へアドバイスをお願いします。

icon

野津さん

2年生の後半から情報集めをすると良いと思います。インターンシップによって期間や条件は異なります。自分が無理をせずに参加できる企業を選べば、学業に支障が出ず、ためにもなると思うので、ぜひ自分に合うものを探して参加してみてください。

icon

石川

今後の目標は何ですか?

icon

野津さん

理想だけにとらわれずに、より多くの企業を見て、自分がより生き生きと働ける企業を探したいです。また、そこに入社できるように努力したいです。

取材を終えて

今回、インターンシップの実体験を取材して、自分も就職活動がそう遠くないのだという実感が湧いてきました。私も就職活動に乗り遅れないように、さまざまな企業のインターンシップに参加してみようと思います。
 

学生記者:石川陽之