gceremony_h2_img

入学式はこちら

LINEで送る
学長賞を受賞した武井瞳美さん、星野真衣さんの喜びの声

学生記者が卒業生にインタビュー

Q1. 4年間で一番印象に残っていることは?
『文章表現』の授業で、文章を読み書きするスキルを身につけることができた。その結果、小説の新人賞で最終選考まで残り、電子書籍として出版された。
GO(Global Outreach)プログラムで留学し、それをきっかけに英語が話せるようになったこと。
2011年の1年次、『銀河鉄道の夜』を演目に一般の方々とPFCでお芝居をしたこと。さらに、2012年には震災をテーマにした舞台『賢治の祈り』に携わることができたこと。
大学祭のときにミスコンテストのMCを担当したこと。グランプリ発表のときにかんでしまったことが心残り!
大学祭では、一般の人と一緒になって模擬店を出せたので人脈が広がった。
スポーツ推薦で入学し、野球部に所属。昨年一部昇格し、試合でも好成績を残せたこと。
Q2.桜美林の学生生活でどこが良かった?
先生の面倒見がとてもよく、休学したり、ゼミに出遅れてしまったりしたときなども、しっかり指導していただいた。また、キャリアアドバイザーが優しく、親切だった。
留学生が多いので、さまざまな考え方・思想に触れられた。アメリカ人などと日本の文化を共有することができた。
沖縄に国内留学ができること。そこで学び、遊び、就職活動にもつながった。
学群、年齢などに関係なく、オープンな友人関係を楽しむことができた、学校に通うのが楽しくて仕方なかった。
英語の教育や、留学の体制がすごい。ネイティブの英語の先生が多いことが魅力!
Q3.これから桜美林を目指す人へ一言!
留学制度が整っていて、留学を考えている人には最適な環境! 絶対に参加することをお勧めする。
これがやりたいという目標がある人にとって、先生方から厚いサポートが受けられる大学!
何でも良いから一つ、新しいことを始めてほしい。道が開けて、楽しくなるはず。何でも挑戦することが大切。
苦しいときでも、一度始めたことを、簡単にやめないように。途中でやめると、その経験が後でしこりとなり、
簡単には払拭できない。
明るくオープンな人が多く、個性的な人も多いので、どんな人でも学校になじめると思う。