features_a_h2_img

LINEで送る

[2014年12月19日掲載]

スタート1時間前から始まった応援合戦はチアリーディング部と吹奏楽団による華やかなもの。特に、チアリーディング部のアクロバティックな演技は会場を盛り上げ、選手の活躍に花を添えました。会場には佐藤理事長、三谷学長をはじめ、野球部の選手など学生、後援会、教職員など総勢300人以上の桜美林関係者が訪れ、スタート地点やゴール手前、沿道各所でのノボリ旗応援(野球部の選手に担当していただきました)などで、頑張っている選手をバックアップしました。

熱の入った応援合戦

桜美林の応援リーダーはチアリーディング部。
みんなの気持ちを一つにして、選手一人ひとりの名前を呼んでエールを送る。

  • 演奏を始める吹奏楽団
  • 広い会場に響く演奏
  • 各校の応援団が一斉に繰り広げる華やかな応援合戦
  • 桜美林応援来場者と一体となって会場を盛り上げる
  • 選手を勇気づけるこの笑顔
  • スピード感のある力強い演技
  • 観客を魅了する息の合ったチームプレイ
  • アクロバティックな演技に会場から歓声があがる
  • チアリーダーの演技に拍手を送る三谷学長

応援にあたってチアリーディング部部長 石井彩香(リベラルアーツ学群3年)

駅伝チームの予選会初出場とともに、チアリーディング部にとっても駅伝応援は初めての経験でした。慣れない環境でしたが、選手の皆さんのやる気に満ち溢れた姿に私たちも胸を打たれ、気持ちを一つに応援することができました。来年は、観戦にいらした方をさらに引き込み、選手の皆さんにもっと思いが届くような応援ができるように頑張ります!