features_a_h2_img

LINEで送る

2014 箱根駅伝予選会ダイジェスト

レース当日の様子をショートムービーにしました。選手とスタッフの激闘と感動のシーンをぜひご覧ください!

[2014年12月19日掲載]

10月18日、東京都立川市の国営昭和記念公園をメイン会場に第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会(箱根駅伝予選会)が開催され、桜美林大学陸上競技部駅伝チームが初出場。上位10校に与えられる箱根駅伝(2015年1月2日~3日開催)の出場権をかけ、今年は48校がしのぎを削りました。昨年4月、約20年前に箱根駅伝で活躍された真也加ステファン監督就任により発足したわが駅伝チームは、今年入学した1年生12人が出走。「まずは全員完走。その上で、できれば総合30位以内でゴールしたい」とのチームの目標を胸に、スタートを切りました。選手の頑張りと皆さんの応援の結果、目標としていた全員完走、総合29位と大健闘!来年への希望を繋ぎました。

会場に集まるオベリンナー

  • 会場入口に設けられた本学・応援受付
    (撮影:学生記者 佐藤)
  • 来場者に会場案内を行う本学スタッフ
    (撮影:学生記者 佐藤)
  • レース会場に向かう三谷学長
    (撮影:学生記者 佐藤)
  • 笑顔で集合場所に向かうチアリーディング部
    (撮影:学生記者 佐藤)
  • 楽器を携え集合場所へと急ぐ吹奏楽団
  • ノボリ旗を持って応援する野球部

レース前の風景

思ったよりリラックスした雰囲気で準備する選手たち。
取材を受けたりミーティングを行ったりとだんだん気分が盛り上がっていく。

  • 着替えを済ます選手たち
  • 真也加駅伝監督を中心にミーティング
  • ウォーミングアップを開始する選手たち
  • テレビ局の取材を受ける真也加駅伝監督
  • レース前に調整する菅原宙斗選手
  • レース前に調整する南拓也選手