feature_brother_h2_pc

LINEで送る
main_img01

[2016年11月30日掲載]
長野県より上京した双子の山田美優さん、美恵さん姉妹。共に「観光・ホスピタリティ・エンターテイメント・ビジネスプログラム」を選択し、切磋琢磨しながら学んでいます。

桜美林への進学理由を教えてください。

icon

美優さん

大学で英語を学びたいと考えていたところ、担任の先生に「桜美林のオープンキャンパスに行ってみたら?」と勧められました。実際にオープンキャンパスに参加し、大学の雰囲気が気に入った点と、英語の他に観光系に力を入れている点が魅力で受験を決めました。

pic
icon

美恵さん

最初は別の大学を受験するつもりでしたが、姉について一緒にオープンキャンパスに来てみて、学校の雰囲気が自分に合っていると思い、二人で受験、進学することにしました。

どのようなことを学んでいますか?

icon

二人

将来旅行業への就職を考えているので、主に英語と観光地理やホスピタリティなどを学んでいます。『旅行業経営論』の授業では、観光地についてだけでなく、旅行会社の具体的な業務や国の観光政策について詳しく知ることができました。夏休みには二人で『国内ビジネス研修』に参加し、長野県小布施町でのインターンシップを通して「地域活性化」について学んできました。

icon

美優さん

今後、オーストラリアでの『海外ビジネス研修』にも参加してみたいと思っています。

二人で生活をしてみていかがですか?

icon

美優さん

もともと一人暮らしをしてみたいという思いがあったので、最初は妹と同居することに抵抗がありました。でも、実際に暮らしてみるとデメリットは全くなく、むしろ、妹が積極的に家事全般こなしてくれているので、助かっています。休日も二人でカラオケに行ったり、旅行をしたりするほど仲が良いです。最近は、ガールズバンドSilent Sirenのコンサートのため、神戸に行ってきました。

icon

美恵さん

私は一人暮らしをするなら、実家から通える大学にしようと思っていたくらいなので、二人一緒に進学できて本当に良かったと思っています。二人が同じアパートに住んでいることで、両親も安心しています。一卵性で顔がよく似ているので、大学では姉と間違えて声を掛けられることが多いですが、友達が増える良いきっかけになっています。

pic

桜美林大学の魅力は何ですか?

icon

美優さん

他の大学に比べて留学生が多く、留学生と一緒に受ける授業もあるところです。1年生の時に、中国人の友達ができ、それがきっかけで中国語を学び始めました。

icon

美恵さん

1年生の時に必修の『英語コア』は、学生同士の会話も全て英語で大変でしたが、そのおかげで英語力が伸びたなと思います。桜美林では、他学群の授業も履修できるので、専門性を高めつつ幅広い知識を得られるところも大きな魅力です。

今後、兄弟・姉妹での入学を考えている人にメッセージをお願いします。

icon

美優さん

お勧めの授業や課題のわからない部分を教え合ったり、友達の輪が広がったり、姉妹で同じ学校に通っていることで利点がたくさんあります。ぜひ、兄弟・姉妹で仲良く通ってください。

icon

美恵さん

姉が話したことはもちろん、家に帰っても話し相手がいることが大きいです。一人暮らしの友達は、寂しいと言っていますが、二人暮らしで寂しいこともなく、以前より仲が良くなりました。姉妹で大学生活を過ごせて、毎日すごく楽しいです!

取材を終えて

山田姉妹は、双子ならではの協調性はもちろん、一人ひとりの個性を感じられる一面もあり、とても楽しい取材になりました。二人が向かう将来への分岐点として、揃って桜美林を選んだことに、姉妹の仲の良さ、絆を見ることができました。
 

学生記者:吉野圭、土井優志